高く売れる漫画

お金

NARUTO

高く売れる漫画として外せないのは長期連載されていた作品です。

中でもアニメとしても人気を博したNARUTOは、高額査定の常連となっています。

そもそも単行本だけで70冊を超えており非常にボリュームも豊かです。

それだけに全冊セットで売ることができればプラス査定も期待できます。

15年も週刊連載されていたこともあり、幅広いファンを獲得していることもメリットです。

日本を代表する忍者コミックですから外国人からの評価も抜群です。

進撃の巨人

巨人

現在6800万部もの売り上げを記録しているのが進撃の巨人です。

通常、これほど多く出回っていれば中古価格は下がるものですが実際には依然として高価格です。

それほどまでの人気を支えているのは数多くの謎と迫力ある戦闘シーンになります。

1巻を読んでしまえば続きが気になることは間違いありません。

たとえ一度手放した人でも、買い戻したい魅力に溢れています。

2017年現在で既刊24巻と揃えやすいことも特徴です。

巻末にはコミックスだけの特典漫画も掲載されており、買った人だけの楽しみとなっています。

2度のアニメ化に加えて2018年の第3期放映もすでに決定済みです。

前後編で実写映画も制作されており、今後も新たなファンの獲得が予想されています。

黒子のバスケ

バスケ

黒子のバスケは圧倒的な女性人気を誇る作品です。

約5年の連載で全30巻と適度なボリュームを誇り、揃えるには最適なバランスとなっています。

バスケットを題材とした漫画は10年以上ヒットに恵まれていませんでした。

それを一変させるほどのブームを黒子のバスケは巻き起こします。

最終的には初版で100万部を発行するほどの支持を受け、その名は不動のものになりました。

特に同人即売会においてファン活動が活発になったのがブームの要因です。

その過熱ぶりは様々な現象を巻き起こし、度々ニュースにも取り上げられました。

女性ファンは購買意欲が高いため単行本の需要も高止まりを続けています

連続したスポーツ劇だけに全巻揃えば価値はより高まることでしょう。

参考→http://furuhon-kaitori-hikaku.com/