査定で不利な古本

ストップ

安価なつくりな文庫本

古本は専門のサービスに持ち込む事で買取してもらえますが、書籍の種類によっては値段があまり高くなりません。

安価なつくりの文庫本は査定で不利です。

表紙や紙の素材が一般的な書籍よりも簡素です。

文庫本は携帯性に優れ、またユーザー側からすれば安価で良い書籍です。

しかしながら書籍としては廉価版であり、元々豪華なデザインで作られていた小説や実用書が数年後に文庫本として安く販売されている事が多く、
その場合はほとんど良い値段がつけられません

基本的に買取してくれない漫画雑誌

ショック

コンビニエンスストアや書店には毎週の様に多種多様な漫画雑誌が並びます。

女性向けの雑誌もあれば少年向け、青年向けの漫画雑誌もあります。

漫画雑誌には色々な作品が掲載されており、読み切りといって雑誌にしか掲載されずコミックスが出版されないレアな作品もあり、
漫画ファンからすれば雑誌にも素晴らしい価値があります。

しかし、基本的にリサイクルショップの方では漫画雑誌は買取対象品になっていません。

人気漫画家の読み切り作品が掲載されていたり、人気漫画の一話、
最終話が掲載されているファンにとっては堪らない漫画雑誌でも、
残念ながらリサイクルショップでは一律漫画雑誌自体が買取NGです。

例外は一応ありますが、基本的には売れない物として理解しておきましょう。

週刊文春などの週刊誌

ng

漫画雑誌に加え週刊文春などのいわゆる週刊誌もまたリサイクルショップでは買取NGとなっています。

一部のお店では買取してくれる事もあります。

しかし、その場合も一冊あたり10円以下です。

ほとんど雀の涙であり、査定してもらう必要性は薄いです。

有名人の面白いスキャンダルや政治や経済の特ダネやスクープが掲載されている週刊文春はとっても人気な雑誌ですが、
週刊誌というジャンルはそもそも買取できない、あるいは安値になりますので、いくら綺麗な状態や未読の状態で保存していても、やはり高くは売れません。

趣味関連の週刊誌、パソコンやスポーツ関連の週刊誌もまた同様です。

発売日直後に持ち込んでも結果は変わらない事がほとんどです。